ひとりチョコミン党

一人暮らしの方へ、日々のしのぎかた、その他遊びなど

からだ・健康 生活全般

冷え性で布団に入っても足が冷たくて眠れない方の対策は?湯たんぽ応用

投稿日:2018年2月18日 更新日:

本当に体が冷えて足が冷たくなってしまうと、足元に湯たんぽをしても足はなかなか温まりません。
電気毛布をしていても、暖かく感じるのは体の外側だけ。芯まで暖かいという気がしない。
眠れず布団の中で寝返りを繰り返す・・・
そんな時、解決法があります。

スポンサーリンク
  

冷え性で足が冷たくて眠れない方へ。湯たんぽも効果なし?

以前、ご紹介したこともありますが、私は、寒さ対策は経済的で効果のある湯たんぽを推奨しています。
自分でも冬に寝る時は、必ず足元に湯たんぽを置いています。
冷え対策に、お風呂に入ると湯船にもしっかり漬かって温まっています。

冷え性で、夜に眠れないと言う方は、湯たんぽは是非購入をお奨めします。

しかし、たまたまお風呂に入らずに寝た、もしくは湯冷めしてしまい、布団に入った頃には体が冷えてしまった。
そんな時、湯たんぽをしても足元がずっと冷えたまま眠れなくなってしまうことがあります。

湯たんぽは暖かいはずなのに、体が冷えたままの状態で布団の中に居る。
しかも、電気毛布だってしているのに!

眠りたいのに眠れない。これはつらいものです。
なぜ、いつも暖かいはずの湯たんぽが効果がないと感じてしまうのでしょうか。

足や手が冷たくて眠れない。実は内臓から冷えていることが多い。

末端冷え性という言葉がありますが、寒い時、足先や手などの体の先端部分は、血行が行き渡りにくくなります。

これは、内臓が冷えてしまうと命にかかわるので、体が冷えたときに、脳から内臓を守れと言う命令があり、血流が内臓へ集まってしまうからだとか。
ですので、手足が冷えていると感じた時は、逆におなかを暖めると良い場合が多いです。

寒い外に長く居る時も、肩甲骨の間や、腰の中央部分などに貼るカイロを貼っておくと効果的なのは、内部を暖めるために一番効力がある場所だからです。。
ですが、布団に入って寝ている時に、湯たんぽをおなかに抱えているのは少々苦しいですし、カイロを背中に貼って寝ていたら、低温やけどが危険です。

スポンサーリンク

冷えて眠れない夜。足先に置くよりも効果的な湯たんぽの置き場所

足がどうしても冷えて眠れないとき、足先に置いている湯たんぽを、太ももの下か、お尻の片側の下に湯たんぽを入れると効果的です。

太ももは、思いのほか冷えやすい部分です。
そして、足の付け根は、太い動脈やリンパの主流部分です。

血液の流れの多い場所を暖めれば、温まった血流が早く循環していきますので、血液循環の悪い冷たい足に湯たんぽを長時間当てているよりも効果が早く現れます。

つい先日、私も、寒い夜に深夜まで起きてすごしてしまい、体が冷え切ってしまって、電気シートも湯たんぽも効果がなくなり困っていましたが、太ももとお尻の間付け根あたりの下へ湯たんぽを入れて横になっていたところ、だんだん温まり、朝には寝汗をかくほど温まっていました。
ほんの少し、湯たんぽを当てる場所を変えるだけでも違いますので、ぜひお試しくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

冷え性だと自覚があっても、食べ物に気を使わない方も少なくありません。
甘いものや果物などは、体を冷やしてしまいますので、どうしても食べたい時は日中の行動時間に食べるほうが良いでしょう。
寒くなって眠れないタイプの方は、夜のお風呂上がりや寝る前に、アイスや果物などの冷たいものは控えましょう。
また、寝つきが早いからと、寝る前に晩酌する方などもいらっしゃいますが、お酒を飲むと、眠りは浅くなり、よく眠っているとは言えません。
ぐっすり眠るためには、お酒やカフェインも、寝る直前に飲むのはやめましょう。
まだまだ寒い日が続きます。
寝不足できちんと疲れを取れないと体が弱って、インフルエンザなどウィルス性の病気にもかかりやすく、治りにくくなります。
冷えから体を守り、免疫をつけておきましょう。

関連記事:
大寒波襲来!節約重視の寒さ対策で身を守る!すごく寒い日の服装と暖房

スポンサーリンク

-からだ・健康, 生活全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

年代別ダイエット20代~食事管理を自分で始める世代

20代と言えば、就職で社会に出る方も多く、さらに、結婚に出産など、親元を離れる方が一番多い世代ではないかと思います。 今までは、親元で、何も言わなくても出てくる食事が、自分で調達しなくてはならなくなる …

目の痛み、頭痛、肩こり、吐き気も?眼精疲労を改善する対策

今や現代病である眼精疲労ですが、体の疲れからも影響をしているようです。 不定愁訴といわれる症状の原因にもなっていることも! つらい目の痛みに肩こり、首のコリ、休養が一番効果的なのですが、そう休んでもい …

カレーの食べられる喫茶店・カレーのあと美味しいコーヒーを!@関東

カレーライスが好きな方は多いですよね。 食べるのに手間もかからず、家で作るのも簡単! 時間がないときも一皿でおいしく栄養がとれる! もし、カレーを外で食べる時は、どんなことを基準に店を選ぶでしょうか? …

30代お肌の悩みは乾燥?小じわ?シミ?気になり時がケアはじめ時!!

30代は仕事が多忙になる人が増えると同時に、結婚で環境が変化し、出産に育児と多忙期。 お肌も、若くて新陳代謝の良い20代の頃よりトラブルが増えて、治りにくくなってきます。 しかし、30代の難しい肌環境 …

年代別ダイエット30代~手ごわい30代後半のダイエットは下半身強化で!

10代20代のダイエットは、代謝もよく、比較的うまく行くことが多いです。 しかし、運動習慣がなくなって、筋肉も固まってしまった30代からのダイエットは、なかなか落としにくくなっていきます。 仕事や育児 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。