ひとりチョコミン党

一人暮らしの方へ、日々のしのぎかた、その他遊びなど

からだ・健康

30代お肌の悩みは乾燥?小じわ?シミ?気になり時がケアはじめ時!!

投稿日:2018年2月15日 更新日:

30代は仕事が多忙になる人が増えると同時に、結婚で環境が変化し、出産に育児と多忙期。
お肌も、若くて新陳代謝の良い20代の頃よりトラブルが増えて、治りにくくなってきます。
しかし、30代の難しい肌環境をクリアすれば、40代、50代も難なく乗り越えて行けることでしょう!
気になったら即、お肌の環境見直しを!

スポンサーリンク
  

30代は生活環境変化の激しい世代。気になり時がケア始め時

30代になりたての頃、顔のテカりや化粧の状態が、また合わなくなってきた。
引越しもしたし、仕事で寝不足が続いたこともあり、季節の変わり目に大きな吹き出物ができることも。

ニキビは思春期だけでなく大人でもできるのです。
さらに、それがなおりにくく、肌の内部で脂肪が固まり、大きくなったものがようやく出せたと思ったら、
大きなニキビ跡の穴が残ってしまい、しばらく塞がらなくて困りました。

再び来たか。肌の転換期が。

そう思った私は、とりあえず今まで使っていた化粧品の見直しから始めました。

30代のお肌の悩みで多いことと対策

肌のトラブルの原因で多いのは、大抵は乾燥と紫外線が原因となっていることが多いようです。
さらに、睡眠不足と栄養不足、生活ストレスなどがそれに輪をかけているのですね。
生活改善につとめつつ、物理的環境から肌を守りましょう。

油浮き・しわ・ほうれい線は乾燥が原因!保湿につとめて

化粧をしても、すぐテカテカしてしまう。油浮きしてしまう。
笑うと頬に細かいしわが出てしまう。パウダーファンデーションが使えない。
普段からほうれい線が目立つようになってしまった。

これらは、実は保湿が足りてないことから起こっているのです。

保湿が足りてないからと、化粧水をビシャビシャ大量につけすぎない!
水分が蒸発しないように肌から皮脂が分泌されてしまいます。
保湿を十分したあとは、ティッシュで軽く多かった分を抑えて取り、その上からクリームか乳液などで水分が抜けないようカバーします。

ちりめんじわが出てしまったら、クリームファンデーションへ変えてみましょう。
水分補給をして、クリームか乳液でカバーした後に、クリームファンデーションを塗ります。
テカテカしてしまうのでは?と心配な方は、Tゾーンなど、テカリのあるところに、
パウダーか、パウダータイプのファンデーションを軽くつけておさえます。
最近流行の、粉タイプのミネラルファンデーションなどもとてもよいですね。

ちなみに、私は現在、基礎化粧品はジェル状の美容液をつけています。
それひとつで化粧水と美容液、乳液や化粧下地の役割がありますので、多忙になり、化粧に時間をとれなくなってからは愛用品です。
それに、紫外線対策のあるBBクリームをつけ、テカりやすい部分にだけ、パウダーファンデーションをブラシを使って軽く乗せます。
化粧がくずれにくく、シワもほぼ出ません。
BBクリームや、クリームファンデーションも、パフよりもブラシでつけるのが、毛穴をカバーするのにもとても効果的ですよ。

ほうれい線は、顔のたるみから来ています。
ストレスが多いと、眉間や目の下にタテじわなども出ます。
笑いジワならまだしも、タテじわは、はたから見てもなんだか不満げで、ストレス貯めてます!と宣伝しているみたいです。
まず保湿。そしてマッサージを。

顔のたるみは、顔の筋肉が衰えていることも大きいです。
最近笑っていない。人と会ってあまり喋っていない。デスクワークで下ばかり向いている。
などという人は、頬の筋肉をを上げることがなくなって、たるんできます。

スポンサーリンク

口角も下がってきて、幸薄そうに見えてきます。
そんなときは、フェイササイズも有効です!
フェイササイズとは、顔の筋肉をわざと動かして、衰えた顔の筋肉を鍛えるエクササイズです。
頬の筋肉は薄いため、衰えやすいけれどつきやすいというメリットがあります。
私が以前、口角が下がり始めて気になっていたときに、フェイササイズの本を見せてもらい、実行したところ、2週間ほどで口角が上がるようになりましたので、とてもお奨めです。
表情も明るくなりますよ!

出産と育児を始めた友人と会ったとき、子供と出歩くようになってほくろが増えたと言っていました。
言われてみれば、私も、以前なかった場所にほくろができていたのに気がつきました。

紫外線対策をしていないと、シミやそばかす、ほくろが、年齢を重ねるにつれて目立ってきてしまいます。
新陳代謝がまだ衰えずにいる時期から、きちんとケアしておけば、年を取ってからもさほど目立たなくなるでしょう。

ほくろやシミについては、最近では皮膚科や美容外科で、シミやほくろをレーザー治療で取ってしまうこともできるので、深刻なほどに気になる方は、思い切って取ってしまっても良いのでは。
悩み続けてストレスになるよりは、お医者さんに相談してみるのも手です。

肌のトラブルで選びたい化粧品は?刺激の少ないものを選ぶ

有名ブランドや高い化粧品は効果的?

私が20代の頃に少しだけ居た職場は、20代後半から30代後半ぐらいの女性が多いところでした。
化粧品やメイク品についても詳しい方が多く、当時流行っていた高価なアイシャドウをつけている先輩に、
「それ○○○○ですよね。高そう」と言ったところ、化粧品の話になりました。

「私は肌が弱いので、色々と高級化粧品も試してお金をかけていたけれど、今となってはニベアが一番合っていた」
と仰る40代の方もおられたので、化粧品は高いから良いということではないのです。

海外のブランド品になると、香料の香りが強いものなどもあり、アジア人には向かないものも多いようです。
私も、ずっと日本のメーカーの無香料品を使っていましたが、それでも合わなくなってきて、最終的にちふれ化粧品に落ち着いてしまいました。
昔はおばあちゃんが使う化粧品のイメージでしたが、昔から長く使われているものは、やはり良いから選ばれてきたのだなと思います。

ちふれも、おばあちゃんの使う安っぽいイメージから、最近ではプチプライスで使い勝手の良い、可愛くおしゃれなパッケージになっていますね。
無香料のものも多く、大人向けや美白効果もあるものが出ております。

無印良品から出ている化粧品も、無香料で、敏感肌用やアンチジング向けのものがあり、お奨めです。
なにしろ、近所でいつでも手軽に買えるので、とても便利です。

ブランドに惑わされず、自分に合っているものを探すのが一番ですね。

スポンサーリンク

-からだ・健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

髪に効果あり!はげしく美味しいアボカド黄金比率サラダ

日本では寒くなるとアボカドがお安くなり、お買い求めやすくなります。 熱帯地域で取れる果物ですので、冬に旬がくるのは面白いのですが、日本では、涼しくなってきた頃から、100円未満の値段になってくるので、 …

年代別ダイエット10代-肥満児だった私が15kg痩せたときの

女性だったらダイエットは気になる話題ですね。 年頃であればなおのこと、可愛い服を着て、きれいに見られたいものです。 子供の頃、肥満児だった私は、青春期と呼ばれる10代後半まで、太っている時期をすごしま …

一度行ったらクセになる?台湾式足ツボでいろいろとヤバかった話

『初めての体験シリーズ』(シリーズになったのか?)です。 数年前のこと。仕事で残業が続き、職場の冷房にふるえ、ボロボロに疲れた心身を癒そうと、ずっと気になっていた足ツボリフレクソロジーへ行ってみようと …

仕事のあとのすごし方。寒い日はやっぱり温まりたい!温泉と岩盤浴

疲れているはずなのに、布団に入っても眠れない。 寒い日が続き、身体が縮こまっていると、血行も悪くなって、疲れもたまりやすくなります。 寒くて体が冷えていると、よく眠れませんね。 お正月休みが明けてから …

冷凍庫買うなら決めては何?いざとのための備蓄にもう一台

covit-19で、生活がすっかり変わってしまいました。 東京の感染者数は3桁台が連日続き、とうとう280人以上の感染者数出てしまいました。 おまけに大雨や台風のシーズンもやってきて、油断ができません …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。