Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/gurecocco/zumbaheiji.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/gurecocco/zumbaheiji.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gurecocco/zumbaheiji.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ひとりチョコミン党

一人暮らしの方へ、日々のしのぎかた、その他遊びなど

登山 高尾山

一度はやってみたい高尾山で初日の出を見て年越し1準備編

投稿日:2017年11月3日 更新日:

あれは10年ほど前。

仕事中にふと、初日の出の話題になり、そういえばお正月にご来光を見たことがないと気がつきました。
そして、初日の出が見に行きたい。山の上で見たい。と思い立ちました。

しかし、大人になってからはいっさい山に登ることのなかった私が、思いつくのは小学校の遠足で行った高尾山だけでした。

東京で育った人、特に多摩地域で子ども時代を過ごした人にはおなじみの山。
599mと、高い山ではないが、夜に山へ行くというのはいかがなものか。
他に行ってくれる人を探さなければ、女性一人では危ないのではないか。
不安を感じつつも、高尾山の初詣に関する情報を集め始めました。

これは、体験に基づく準備編です。
現在はかなり元日の登山者が多すぎて、入山規制など出てきているようですので、参考にとどめて、
さらなる情報収集を心がけていただければと思います。

スポンサーリンク
  

高尾山で初日の出を見るためには登山の知識を仕入れよう

東京出身の方であれば、高尾山は遠足で登ったことがあるのではないかと思います。
山頂付近には、高尾山薬王院があり、初詣もできるため、お年よりや身体の不自由な方にも登れるよう、ケーブルやリフトの施設もあります。
ですので、高尾山薬王院までは、なだらかに整備された歩道を歩けますので、普段着で行くこともできます。

10年前の私は、初詣客のために、深夜もケーブルが動いているという情報を得て、これならば行けるのではないかと胸がはずみました。
ただし、山の上で日の出を待つ間の深夜から早朝は、気温が一気に下がる時間帯ですので、一番心配なのは防寒です。

山の上では、100m登るごとに1℃体感温度が下がると言われていますし、さらに、風速1mがあるとさらに体感温度が1℃下がると言います。
そして、動いている時ならまだしも、山の上の気温の低いところでじっと日が昇るのを待っているわけですので、寒気が足元からじわじわと攻撃してきます。
街を歩いている格好で登るのは危険です。
山の上のご来光を見に行くならば、1に防寒、2に防寒、3に防寒、4,5に防寒です。
それでは、私が当時準備したものをあげておきますね。

高尾山で初日の出を見るために必要最低限用意する物

1. 軽くて防弾効果の高い動きやすいコート
ダウンのジャケットかコートがおすすめ。防寒は心配しすぎるくらいしておくべき。

2. カバンはショルダータイプで両手がふさがらないもの。
歩道が整備されているとはいえ、山ですので、何かにつまずいたときにとっさに手を使えるよう配慮を。

3. 貼るタイプのカイロ。貼らないタイプのカイロ。
ハクキンカイロなども可。
貼るカイロは、肩甲骨の間と腰に貼ると血液循環で身体に回っていきます。
貼らないタイプは手や、どうしても足が冷たくて困ったときに靴の中に入れることも。
靴に入れる場合はミニサイズが便利です。

4. 靴下
二重に履く。スパッツなどパンツの下にもう一枚インナーを加えると安心。
もしくは裏起毛のパンツがいいかもしれません。

5. 底の厚い靴。登山用の靴ならなお可。
寒さは足の底からやってきます。自分では気がつかないうちに、冷えがしのびより、思いのほか体温が下がって、急性の低体温症になる方が後をたたないとか。

6. お金
(当然ながら、山の中腹から頂上付近にもお蕎麦屋さんや販売機があります)

7. ティッシュ、タオル、ウェットティッシュ等

8. 帽子
山頂は風が強い場合飛ばされることもありますので、飛ばされない工夫を

9. カメラなど
スマホが一台あれば兼用できますね。

10. スマホなど連絡のとれるもの

スポンサーリンク

高尾山で初日の出を見るときの、万が一のために用意しておきたいもの

1. レジャーシート
山頂で初日の出を待つ間に、夜露で地面が濡れている場合あると便利。
ベンチはあっても人が沢山いるので座れる可能性は薄いです。
2. 新聞紙
レジャーシートだけでは地面からの冷気で冷えてしまうので。気温が低い時はお腹に巻いて防寒具にもなります。
3. 懐中電灯
スマホのライトも使えますが、バッテリー温存のためにも、小さめでも懐中電灯を持っておくと安心です。
4. 時計
日の出の時間を確認するためにも、すぐ見れる時計があると便利です。
5. 水筒
高尾山は要所要所に販売機が設置してあり、山とは思えないほどの設備ですが、登山コースを通るときはあてにできませんので、暖かいお茶などあると良いでしょう。
ただし、日の出まで時間がある場合、トイレが近くなってしまうので飲みすぎは注意。
6. おにぎりなど食べるもの
山頂にはお蕎麦屋さんもありますが、大変に混雑します。
深夜から待機している場合は、軽食があると安心です。
ごみは自分で持ち帰りましょう。

高尾山で初日の出を見る前に心得ておくとよいこと

元日の日の出の時刻を、新聞やネットなどで必ず見ておきましょう。
当日のご来光の時間、山頂はとても混雑しています。山頂までたどり着くのが無理かなと思ったときには、見えやすい場所で待機するのもよいと思います。

まとめ

高尾山は、山ですので、山に行くという意識を忘れないようにしてください。
10年前、丁度ミシュランで高尾山が紹介されたばかりの頃でした。

もともと都心から近く、簡単に行ける人気スポットだったこともあり、ここ近年は本当に混雑していて、元日に頂上までたどり着けない方も多くいらっしゃるそうです。

大混雑が予想されますので、ご来光をどうしても頂上で見たい方は、夜のうちに登って待機する場合もあるでしょう。
山の気温はとても下がります。心配しすぎるほどの防寒対策で万全に新年を迎えてください。

私が過去に行った体験レポートもありますので、ご参考になれば幸いです。
一度はやってみたい高尾山で初日の出を見て年越し2体験レポート①

スポンサーリンク

-登山, 高尾山
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一度行ったら三度にトライ?高尾山冬そばキャンペーンを体験しよう

ミシュランで有名になった高尾山では、寒い時期のシーズンオフにも登山が楽しめるキャンペーンをしています。 その名も、『冬そばキャンペーン』 お蕎麦屋さん全店にとろろそばがあり、食べ比べも楽しいですよ! …

一度はやってみたい高尾山で初日の出を見て年越し2体験レポート編②

10年ほど前。 思い立って、山で初日の出を見ようと、早朝から迎光号で繰り出した高尾山。 ケーブルは40分待ち。日の出の時刻は迫っている。 これは登山で行くしかない! 睡眠不足のまま姉との登山決行。 ど …

一度はやってみたい高尾山で初日の出を見て年越し2体験レポート編①

あれは10年ほど前。 来年の正月も、いつものように家から30分ほどで行ける母のところでお節をつまみながらテレビを観て過ごし、帰宅途中に近所で初詣を済ませて、あとは家でダラダラとすごし、特になにもないま …

高尾山で冬そば食べたら火渡り祭りで厄除けして春を迎えよう!

ミシュランでもすっかり有名になり、海外からの観光客も後を絶たない高尾山。 その高尾山で、冬から春のシーズンには、冬そばキャンペーンと節分大会、そして高尾山薬王院の最大イベント、高尾山の山ろくで行われる …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。