Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/gurecocco/zumbaheiji.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/gurecocco/zumbaheiji.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gurecocco/zumbaheiji.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ひとりチョコミン党

一人暮らしの方へ、日々のしのぎかた、その他遊びなど

お金ふやす

おひとりさま老後のお金をふやすためつみたてNISAから始めの一歩

投稿日:2018年1月14日 更新日:

おひとりさまを謳歌しつつも老後の心配もしているオヒトリストのみなさまこんにちは。
さて、前回書いた、「つみたてNISAを始めてみる」の件の続きです。
去年の今頃、投資信託を始めてみようと思い立ったものの、投資初心者で貯蓄なし、さらにいろいろな手続きにめまいがしていたら、プライベートで忙殺され、中途半端で止まってしまっていたので、今年こそ始めてみようと思い立ったわけです。
今回から、もっと丁寧に行程をお伝えして行こうと思います。

スポンサーリンク
 
 

こんな人はつみたてNISAを始めるのにふさわしい!それは自分…

世の中はよくできているもので、頭の良い方たちが、現在の社会情勢をかんがみて、きちんと金融の流れを生み出しているわけでございます。

なぜ貯蓄もろくにできてなかった私が、投資信託なんて言葉を耳にしたかと言えば、お金はどんなに必死で節約を繰り返したところで、減りはしないけれど、増えもしないということが頭のどこかでうすうすわかってきて、世の中のお金持ちの方々は、お金を沢山稼いでいるからお金持ちなだけではなく、沢山稼いだお金を増やす努力もしているのだと気づいたわけです。

そして、普段から「お金を増やすには」とか、「お金を残すには」とか検索していれば、PC上に『千円からできる投資信託!』なんてバナーが目に入ってくるようになるのですね。
それなら自分にもできそう!でもどうやって?
そんなところから、投資信託に関して調べるようになってきたわけです。
そして、初心者向けのものを調べていくと、「NISA」が出てきて、「つみたてNISA」なるものを知るに至ったわけです。

執着すると、それなりに道はあることに気が付くのですね。

そして、「つみたてNISA」は初心者向けに作られていますので、初心者の方がわかりやすいようなサイトが、調べると沢山出てくるのでした。
つみたてNISAの特徴を詳しく書いてくれているサイトで、こんな記事がありました。
こんな人はつみたてNISAを使うべき!5つのタイプを紹介|たあんと

以下記事からの抜粋
*****************
こんな人はつみたてNISA(積立NISA)を使うべし
今まで投資をしたことがない人
まとまったお金がない人
住宅購入資金や教育資金など、中長期で備えたい資金がある人
専業主婦(夫)など、iDeCoで所得控除がない人
55歳以上の人で老後資金の準備を考えている人
********************

私は下の二つは当てはまりませんが、要するに貧乏人がお金を貯めるには都合の良い制度なのだということがわかります。
そして、まさに自分に当てはまる制度なのだなと、納得もできました。

iDeCoとの違いを知り、ますますNISAが自分向きではないかと考える

上記でご紹介したサイトには、私が前回の記事でも少しふれた、『iDeCo(確定拠出年金)』についても説明があります。

『iDeCo(確定拠出年金)』とは、簡単に言ってしまえば個人で積み立てておく年金ですね。
人口問題などから、現在仕事をしている私達が将来的にもらえる年金は、普段の生活ができるほどにはとても足りないのではないかと言われており、年金制度自体もまだあるかわかりゃしません。

ですので、自分でそれなりにそなえあればうれしいなというわけですね。
老後のお金を考えてつみたてNISAを選ぶのであれば、iDeCoの方がずっとふさわしいのではないかと思うこともありますが、iDeCoは、完全に年金を意識して作られている制度なので、60歳まで引き出しできないのです。
さらに、口座開設料や手数料もかかるのだとか。

ただ、仕事をしていれば、毎月の掛け金すべて所得控除などがありますので、NISAをコツコツしながら、55歳までに余裕ができればiDeCoもやってみたいな・・・などとも考えています。

それまでに少しでも収入が増えれば言うことなしなのですけどね。

スポンサーリンク

窓口を使わずネット口座を利用すれば手数料がかからない!そして停滞…

さて、同じサイトの最後に、
「さっそく始めたい人に!ダントツで条件が良いつみたてNISA口座のご案内」
という項目があり、そこにSBI証券と楽天証券の詳細へのボタンが並んでいます。

以前から見ている、いろいろなサイトで、この二つの証券口座は比較されると同時にお勧めされています。
ネットで口座開設をすれば、手数料が無料になるとのことで、私も以前から見聞きしていたため、去年、SBI証券口座の開設手続きをしていました。

楽天は、ネット銀行の口座は以前作ったようですが、楽天証券の口座は持っていないので、おそらく去年のうちにSBI証券に決めていたようです。
この二つも、比較検討がいろいろされており、両者魅力的な得点があるようです。

100円単位から積み立て可能なのは双方一緒だったかと思います。
とにかく、お金ない人も気軽にお金を貯められるように、貯められるように、と、至れり尽くせりで敷居を低くしてくれているのがよくわかります。

SBI証券は、積み立ては毎日、毎週、毎月、つみたての方式にバリエーションがあり、
楽天証券は、毎月一回ですが、楽天ポイントも使えるそうなので、楽天で普段お買い物などしたり、ポイントを貯めている方などは、とても使い勝手が良いかと思います。
楽天のポイント制はかなり魅力的なので、つみたてNISAをまだこれから申し込みする予定の自分としては、今でもけっこう揺れています(笑)

しかし、残念ながら、つみたてNISAも、NISAも、口座を持つのは一つ限りなのですね。

では早速…と、SBI証券のサイトへ飛んでみました。

以前口座は持っていたはずなので、お客様サイトへログイン・・・
ログイン・・・・

パスワード忘れている・・・?
(´Д`;)

ログインできないまま、凍結してしまいました(泣)

パスワード再発行の手続きもしてみましたが、通知が届くまで1週間かかるとか・・・?

それから数時間後、再度パスワード入れたところ、うまく行きました
ε=(´Д`;)

再発行必要なくなってしまいましたが、口座にお金が入っていないままでした。

確か、口座開設はしたものの、入金にはさらに、自分の他の銀行口座から振込みをするとか、インターネット上のダイレクト入金などですることになるので、元からあるメインバンクの口座をインターネット開設なども、手続きをしていたのですが、そこから先に進んでないままでした。

去年は、ここで頓挫したまま時が止まっていたようです・・・

年の上限が40万ですので、今から1年と考えれば、まあお金だって今すぐそんなには準備できませんので、まあ、今から慌てることもありません。

お金を入金するまでに少し考えて、わくわくしながら商品を決めたいと思います。
今後もお金を増やすレポートを少しずつながら掲載してみようと思います。

アマゾンプライム動画と食っちゃ寝のお気楽な老後を夢見て
稼ぐ・節約・ふやす、の記事をボチボチ続けます。

関連記事:
おひとりさま老後のお金をふやすためつみたてNISAから始めてみる

スポンサーリンク

-お金ふやす
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おひとりさま老後のお金をふやすためつみたてNISAから始めてみる

現在おひとりさまを謳歌しているオヒトリストのみなさまこんにちは。 私も、そんな気楽で愉快なおひとりライフをエンジョイしているわけですが、 (実際は出かける前から帰りたいとか言いながら仕事に行って、帰り …

投資ド初心者が老後のお金をふやすためつみたてNISA入金で混乱

おひとりさまを謳歌しつつも老後の心配もしているオヒトリストのみなさまこんにちは。 さて、前回書いた、「つみたてNISAを始めてみる」の件の第3回目です。 どこの口座で始めるか、などは、すでに大体決めて …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。